Vishnu Official Blog
広島で活動中のコスプレイヤーユニット 【Vishnu】のBlog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3日のライブレポ
お久しぶりです、JOYです!
10月3日の「ルナティックパーティーvol.9 ~新劇場版・九~」、お陰様で大盛況でした!
当日のレポをリーダーが日記に書いていましたので、こちらに転載しますね。
(mixi用の日記なので、一部表現を直しています)





と 言うわけで ライヴのレポートです。

前々日まさかのネットストップとパンフ制作に時間がかかり

前日の土曜 ばどらんでヴィシュヌ前日リハを行い その後かけるさんと合流し 
グリンベレーの女性隊員がいるモスで注文どおりにこなかったハンバーガを食べて
JOYくん かけるさん うえむーさんと別れサポートメンバーのレクくんに ダメ出し練習を付けて 
その後 パンフの製本作業

正式本数60部カラーなしの予備(出演者用)を30部……

これが気が遠くなる作業

ただでさえ 練習明けなのだからクタクタ みはえるを見送って オープニングムービーの制作にかかったのが
夜20時 ムービーメーカーがなんどもトラブるになったり変換に時間がかかり 作業が終わったのが3時
眠り始めたのが4時 寝る前に前カノのボイスに尋常じゃなくイラッときて 5時に目が覚め 
そのまま準備して オーズみて(アンクかっけえ!)
キュアムンライみて 100部のパンフと出演者分のビデオ持って 徒歩でばどらんを目指す…


中盤ギブアップしタクり 11時集合が10:30に到着

社長と親分とAYAKAで準備…て程でもなく AYAKAは自分の希望を言うだけ
HTP(アジア代表)の子がひとりだけ来てて コンビニいこうにも道がわからないというのでパンフを渡す 
パンフには周辺地図が掲載されている
作っとくもんだな!俺賢い!
さらに バンド組で俺が構成を把握してるのはCKIだけだったのだが
設営の際 ギター何本キーボード何本というのを聞かれ困ったのだが…これもパンフを読んで解る…

教訓 「俺にとってもパンフ重要」

11時にまこっちゃん登場し 受付などに向けて準備
メイクを終えてJOYくんみは到着し12時に出演者到着開始…
みんなリハ時間に来ると思ったら みんな早々来てくれてスムーズに準備は進む

リハも順調にすすむがやはり 多少押し(Vishnuが)リハ終えてメイクだった俺 ピンチ!

14時にメイクスタジオ到着 アイロンをカラーに変えたりとアイデアを駆使し
なんといつも1時間以上かかるメイク40分で完成!!
りゅうくんの運転もあり無事 あいさつの3時に間に合う 

そして 全員の顔わせ いい感じの緊張感

「各バンドの次のライヴにつながるステージを!」と偉そうなことをいって 
数時間後自分が一番次に繋がらないステージをするw

そして いよいよ 客入れ
この時まだ お客さん沢山くると思わなくて 少ないだろうから10分遅らせてスタートしようと 16時諸注意 
「コスプレでの観覧はご遠慮ください…」と 言っていたときに まさかのつかくんがテトで楽屋から登場…
「C.K.I.のつかくんは特別です」慌てて付け足すが今度は ゆめくんがメイドで登場ww
「…ゆめくんもOKです」コントかww
ルナパは演者はなんでも特別です
桜高のともきちくんに乳首をいじられながら諸注意を読むという 一人芝居をしながら注意事項終了
そして 一人で一晩で編集したオープニングムービスタート

これは2週間前 早希ちゃんの単独ライヴを見に行ったときに 思いついたことで 
ライヴとは何の関係もない早希ちゃんのウィッグのCMの後にエヴァのパクリ調のオープニングを流す!!

これも俺なりの表現で CMは「個人主催」を象徴しているわけです。
客のテンションをあげて(あがったかな?)そのまま桜高のSEとクロス!

トップバッターの桜高校軽音部(笑)登場
今回彼らは唯一ライヴハウス推薦枠での出演

俺はようやく 自由時間ができたので 自分の出番の前に食事…
と 楽屋に行くと…「客60人どころじゃないですよ!!」と言われ驚く
客が入り切れなくなって チケットも足りなくなり急遽 チケット追加
それだけでもたりず パンフにハンコを押す対応 で 結局パンフも100部しかなく最終的には再入場不可にして対応…

びっくりしたあ

結局このてんやわんやで自分の取り置きたいおうに恐ろしくミスが出る(汗)

で ようやく食事 モニターで桜高を見るが まあ上手い
スマートな演奏とはこのことだと思う Voの団長ちゃんも待機中とはうって変わって花を炸裂させチカラ強さを感じさせる

と そーこーしてるうちに真ん中にスペースがあるのに客が入れないと耳に入り モッシュを禁止してお客さんに詰めてもらう
そして 今回デビューのSPADE登場!

Voのマーブル・ショウくんの名付け親は実は俺www

元々彼とはひょんな間柄で知り合い これも縁なので今回ライヴに誘いました
武陵のチロル・タツヤに対抗してのマーブル・ショウ これでそのうちファンから山のようにマーブルチョコがおくってきたら 多分俺の勝ちwww


全員が基礎が固く デビューぽい部分もありながらも そつなくステージをこなしていました


どっこもすげーなあ(汗)



そしていよいよ 清志&アッガイ10 もうここまできたらVishnuも大慌てで準備で 曲の確認もする間もなく 打ち合わせ…
が 打ち合わせも打ち合わせにならないほどバタバタして しょうがないから開き直って そのままバックヤードに移動してCKIと遊ぶw


で いよいよVishnuの出番

清志&アッガイ10は異様な盛り上がり さらに申し分ないMCで転換に時間のかかる我々の救世主となる

そして 緞帳が上がり 1曲目の『羅刹』

これは 元々ヴィシュヌの歌重視・ダンス重視・パフォーマンス重視の3面のパフォーマンス重視を象徴した曲で レクくん・りゅうくんの協力を得てのステージとなりました
10年くらい前 陰陽座が好きで羅刹はずっと聞いていたので練習もスムーズだったのですが…何故かこの日だけ歌詞間違がひどく…(汗)
また ワイヤレスで声の操作がいまいち付きづらく…ミス連発
ちなみに 声が聞こえにくいのはカメラのいちの関係でもあります

そのままJAPにながれますが さすがにこれはまずまずの出来
ただ コーラスの音程で覚えてしまっているorz

スランプだあ
そしてMC…今回Vishnu MCが一番受けたなww

そしてワールドエンド…これ予想外に反応が良かったのにこれもミス連発


で いよいよ 重大発表
JOYくんが 次回のライヴで脱退です…

そのまま 笑いにもってったけど… まあガチですよ

ただ 「瀬戸内寂聴」で大盛り上がりのアニソンライブってwwwwwwwwwww


そしてスパイダーマン Vishnuぽい曲ではあったかな とにかくみはが頑張ってましたね

そのまま悪夢の毒グモ女…まあ 動画で見る限りはそこまでひどくなかったわ
…次回もっと頑張ろう

ラストはけいおん!メドレー 楽しかった!うん この一言に限る
みはが可愛かったね~えらいえらい!


結局 予想道理の速さでおわり30分のステージ
終わった後自分に対してダメ出しの山だったんだけど…時間がたったらなんか清々しい気持ちになり 思い直す
まあ 次回があるわけだしね 長野でスタートした時も1年半スランプだったころもあるしな

次の出番はどん★ぱち これがまたうめーの
ライヴハウス側も絶賛
クッタクタになりながら楽屋のモニターで彼らのステージを羨ましく眺める
関係ないが彼らがくれたハンバーグはうまかったw

が 休んでる暇もなくそのまま 片付けを済ませ またあっちに走りこっちに走り ライヴを見つつスタッフ仕事
ステージでは機材トラブルが起きる 一人じゃ持ち上がらない機材を親分さん持ち上げるという珍事発生
つっくんがMCでつなぎ事なきを得る(?)
つっくんの出番になり 強烈なバンドメンバーに衝撃を受ける
楽屋でカルロスくんのキャラに爆笑する
ステージではベース引きながらつっくん熱唱 かっこよかったなあ

かっこいいといえばC.K.I.なんか 以前よりはっきりとしたスタイルのようなものが確立され C.K.I.らしさが出てるというか 見ててカッコいいと口に出してしまった
精算だの片付けと同時進行で見にゆく 陰陽座とかオーケンとか これはみにいくしかないでしょう!!

21時終了のスケジュールだったにもかかわらず盛り上がって終わってよかった


特になにも考えていなかったので ステージでお礼だけいってしめる
が 特に撤収を急がされるわけでもなく のんびり片付けや余韻に浸り
つかくん つっくんの3人で抱き合って達成感を噛み締める


広島で最初の主催ライヴこのメンツでやれてよかったとつくづく思う 一組みかけても駄目だったなと思う
次はアイラブ頑張ろうと出演者同志で誓い合ってしめました



本当に出演者さま 応援者様 ばどらんさん まこっちゃん ヴィシュヌのみんなありがとうね 一人で動いちゃいたけど みんなの協力があってこそです


今後も マイペースでライヴ開催してくので よろしくね



また なんかしら おもしろをさがそう…



マジ次はなにしようかなあ
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。