Vishnu Official Blog
広島で活動中のコスプレイヤーユニット 【Vishnu】のBlog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メンバー紹介
※極力客観的に紹介を行ったつもりですが、メンバー「MONK」の主観によるものも
 多々入っております。参考程度にお願いいたします。
 (「☆」がついているのは現メンバー、それ以外はサポートメンバーや脱退したメンバー)


 † AYAKA † (♂) ☆

Vishnuリーダー。ボーカル・トータルコンセプト担当。
10年以上前から数々の表現活動に携わっており、モデル経験・タレント活動・
バンド・舞台演劇など、多岐にわたって自己表現に磨きをかけてきた。
その豊富な経験に裏打ちされた「魅せる」パフォーマンスでステージを練り上げ、
演劇とボーカルで培われた声量が生むハイトーンボイスで観客を盛り上げる。
また「現状維持」を絶対に許さず、常に高みを目指し続けるハングリー精神は、
メンバー全員の士気高揚になくてはならないものとなっている。
……しかし、それも「トーク」に移行するまでの話。
「水道が止まった」「俺の魚肉ソーセージ」「巨乳はGカップ以上しか認めない」
など、数々の迷言・珍言を残し、時に観客総員からブーイングを浴びる事も珍しくない。
また、ドSにしてネガティブという相反するキャラクター性で常々メンバーを困惑させる。
そんな所もVishnuの「顔」のひとつだろうか。


 † MIHANA † (♀) ☆

2010年春に加入。コーラスボーカル・ダンス担当。
Vishnu待望の、そして期待の新人。
デビューライブでは「何もできないけどとりあえず可愛いから加入させた」等、
早速AYAKAの毒舌の餌食となるも、全くめげずに見事な天然ぶりでスルー。
加入早々に大物の気配を見せつけた。
実際に現状音楽についての経験・知識共にゼロながら、向上心と吸収力は
メンバー中随一と言って過言でない程で、パラパラにおいては加入後数ヶ月で
JOYを一足飛びに追い抜こうかという成長を見せ、多大なプレッシャーを与えた。
またソフト・ライトな人当たりの良さから、Vishnuの貴重な癒し系として
練習で疲れたメンバーの心を和ませる清涼剤となっている。


 † JOY † (♂)

2008年夏に加入。ボーカル(サブ)・ダンス担当。
加入時にただ一人音楽経験ゼロという逆境ながら、人を楽しませたい
一心で日々努力を続け、最終的にはAYAKAの片腕として様々な局面で
ステージ構成に携わるまでになった。通称「参謀」。
持ち前の勝負度胸は天性のもので、ステージ本番直前でも緊張の様子を
欠片も見せず、笑って他の出演者と雑談して回るほどの余裕を見せる。
生粋のエンターテイナーにして、パフォーマー。
ライブでは何故か男性からの人気が異様に高く、そのせいで各所から
「ホモの人」「ガチの人」と言われて凹んでいるらしい。
プライベートの事情と多忙により、2010年11月のライブをもって脱退。
引退後も仲は良く、たまにAYAKAと一緒に飲んだり食事をしている姿を見かける。


 † REQ † (♂) 

2010年秋に加入。ステージサポート担当。
痩身だが鍛え抜かれた理想的な肉体を誇り、諸男性メンバーから早速の羨望と嫉妬を買う。
またメンバー随一の長身でもあり、そこから繰り出すパフォーマンスの存在感は圧倒的。
性格は非常に温和かつ生真面目で、ハイレベルな要求や無茶振りにも一から十まで全て
応えようとするため、「どこまで冗談にしていいか分からんわ」とリーダーも苦笑する。
デビューステージでは黒子や覆面など怪しさ全開のサポートマン・パフォーマーとして活躍し、
今後も謎の怪人として陰からステージを支える……と思われたが、2度目のライブで素顔解禁。
端正な甘いマスクで観客の視線を釘付けにした。


 † ICHIKO † (♀)

2008年冬に加入。コーラスボーカル・ダンス担当。
数々のクラブイベントで活躍した経験、またダンス動画の撮影経験などを
活かしたハイレベルなダンスで、観客の声援を大いに集める。
ライブでは毎回「初音ミク」の衣装・ウィッグで登場し、女性・男性問わず
観客から「ミクーー!」と歓声が上がる。
トークや曲のセリフから「貧乳はステータス」が定着したらしく、メンバーに
(特にリーダーに)よく文句を言っている。
遠方在住のため、また個人での音楽活動のため現在は正規メンバーからは
外れているものの、リーダーAYAKAの良き話し相手・相談役・また
ダンス監修として、とても大切な存在である。


 † NORIN † (♀)

結成時メンバー。コーラスボーカル・ダンス担当。
プライベートの都合により残念ながらメンバーから外れ、初回の
ライブには出演できなかったものの、その後ICHIKOの代役として
急遽別のライブに出演。
出演決定が5日前、ミーティングが3日前という信じられない短期間にも
かかわらず、3曲分のダンス・振り付けを難なく覚えきってみせる神業を
披露し、元々の実力の高さを見せつけた。
現在はサポートメンバー兼御意見番として、リーダーを戦々恐々とさせている。


 † MONK † (♂)

結成時メンバー。雑務担当。
元々はコーラスとして意気揚々と参戦したが、持病の音痴が
再発した為に謹んで辞退。早々にサポートメンバーへと回る。
後に気合の入ったメイクと衣装のVishnu初回ライブを客席から観て、
裏方に回ってよかったと心底安堵する事となった。
主な担当としてはメンバーの補助。口の悪い友人は「いてもいなくても
変わらない」等と言うが、Vishnuのメンバーは総じてPCやネット知識に
疎いので、サポートは大事な仕事である。たぶん。


 † KEY † (?)

2009年冬に加入。音源編集担当。
MONKが多忙になった為、新たに加入した新進気鋭のサポートメンバー。
影の立役者として、その素早い仕事ぶりと細やかな気遣いで早速AYAKAの
お気に入りとなり「MONK君はもう要らんな」と言わしめる。
・・・多忙なMONKを気遣っての発言と信じたい。
実際にその丁寧かつ迅速な編集は、期限ギリギリまで音源選定に悩むユニットの
大きな助けとなっており、また多彩な知識で様々な面からVishnuのサポートに
貢献している。
メンバー中、最も多趣味かつ豆知識。
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。